浴室のリフォームをしたら一番風呂が辛くなくなった

バナー

浴室のリフォームをしたら一番風呂が辛くなくなった

私の家庭では、冬になると誰も一番最初にお風呂に入ろうとしません。

誰も一番最初にお風呂に入りたくない理由は、寒いから。
冬のお風呂はただでさえ寒いのに、誰も入ってないお風呂に入るのは寒くてとても辛いものです。
ですから、私の家庭では冬になると、毎晩誰が一番最初にお風呂に入るかで譲り合いをしています。

千葉の外壁塗装はとっても評判が良くて有名です。

今年も冬が近づいてきたころ、家族で話し合いをして浴室をリフォームすることにしました。

浴室をリフォームすることに決めた理由は、お風呂に乾燥機を設置すれば、暖房機能を使って一番風呂でも寒くないようにすることができるから。


この理由で浴室をリフォームしようと主人が言いだしたときは、家族みんな大賛成でしたよ。

浴室リフォームの工事は、私の家を建築してくれたハウスメーカーに依頼することにしました。いままでも、家のメンテナンスをしてもらっていましたから、長年の信頼関係があったことがお願いすることにした決め手になりましたね。

リフォームが終わった浴室は、以前とはまるで違いましたよ。暖房機能が目当てで設置してもらった乾燥機は、雨の日が続いた時のお洗濯を乾かすのに重宝していますし、床の素材も変えてもらったので掃除もしやすくなりました。

神奈川の外壁塗装情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

それから将来のことも考えて、手すりを付けたり浴槽も低いものに交換してもらいましたね。

浴槽については大きなものに変えてもらったので、背の高い主人は、足が伸ばせるようになって満足しているそうです。


洗面所のリフォームを以前から考えており、少し前に全ての工事を終わらせることができました。

それまで使っていた洗面台は、樹脂製の古いタイプのもので、正面には小さな鏡が付いていて、手洗い用の台には陶器製のタイプの者が設置されている基本的なものでした。
洗面所は我が家ではリフォーム経験の無い部分だったために、洗面台だけではなく、クロスや床材に関しても汚れが目立っていました。
そのため洗面所の全体をまるごとリフォームすることを考えたものです。


最初に行ったことは、古い洗面台を取り外すことで、事前に止水栓等を止めています。

工事黒板の珍しい情報をご紹介しています。

水道管を取り外す作業も必要としていたために、工事を依頼した工務店では、それぞれの職人を用意していました。
その後はクロスを張り替えて、床材を新しいものへと交換しました。

以前はクッションフロアを利用していましたが、今回はフローリングへとリフォームを行っています。

一番にメインとなった部分は、洗面台の交換になります。

ポンンプ設置工事に関する情報を公開しているサイトです。

以前から三面鏡の付いたタイプのものが欲しかったために、事前にカタログ等で確認してから取り寄せて頂きました。三面鏡が設置されている洗面台では、正面の部分に収納スペースは少ないのですが、鏡の裏側に収納スペースが確保されているので、来客などの家族以外の方が見ても、綺麗に見えるために非常に効果的に収納することができます。

神奈川のエコカラットに今、注目が集まっています。

今回のリフォームでは、洗面所のイメージを大きく変えることができ、清潔感も生まれたために良い経験となりました。

http://m3q.jp/t/138
http://okwave.jp/qa/q3141762.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235545572


Copyright (C) 2016 浴室のリフォームをしたら一番風呂が辛くなくなった All Rights Reserved.